大貫俊夫氏・三浦麻美氏(A01班)が研究報告を行いました

2021年6月19-20日に開催された西洋中世学会 第13回大会にて、A01班の大貫俊夫(東京都立大学)・三浦麻美(東洋大学)両氏がポスター報告を行いました。

三浦麻美:メヒティルトからゲルトルートへ—ヘルフタ修道院におけるlittera
大貫俊夫:『中世ヨーロッパ ファクトとフィクション』と歴史教育の実践
(サイトの掲載順に従う)

詳細はこちらのリンクより御覧ください。
「2021年西洋中世学会第13回大会ポスターセッション」のリンクより報告要旨を閲覧可能です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL