川崎剛志氏(B01班)による研究成果が公開されました。

B01班研究分担者の川崎剛志氏(就実大学)による研究成果が以下の通り公刊されました。

Kawasaki Tsuyoshi, “Before the Appearance of Shugen Kanjō: Origin and History of a Forged Ritual”, trans. Mariangela Carpinteri, in Fabio Rambelli and Or Porath (eds.), Rituals of Initiation and Consecration in Premodern Japan Power and Legitimacy in Kingship, Religion, and the Arts (Berlin: De Gruyter, 2022), pp. 377-390.

川崎剛志(マリアンジェラ・カルピンテーリ英訳)「修験灌頂の出現以前:偽りの儀礼の起源と歴史」、ファビオ・ランベッリ&オー・ポラス編『前近代日本の灌頂儀礼:王権、宗教、芸術における権力と正統』(ベルリン、デ・グルイター、2022年)。

詳細は以下の出版社サイトを御覧ください。
https://www.degruyter.com/document/doi/10.1515/9783110720211/html

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL