大貫俊夫氏(A01班)の研究成果が発表されました

A01観想修道会班の大貫俊夫氏(東京都立大学)の研究成果が『人文学報』(東京都立大学)に発表されました。

東京都立大学西洋中近世史ゼミ(翻訳)「ブルース・M・S・キャンベル『大遷移——後期中世世界における気候・疫病・社会』より第1章」、『人文学報』第517-9号 歴史学・考古学(第49号)、29-66頁(一一二-七五頁)。

以下よりダウンロードが可能です。
https://researchmap.jp/ohnuki/misc/32081939?lang=ja

原著は以下の出版社サイトを御覧ください。
Bruce M. S. Campbell, The Great Transition: Climate, Disease and Society in the Late Medieval World, Cambridge: Cambridge University Press, 2016.
https://www.cambridge.org/core/books/great-transition/08A11B44816A641AC07B6BE36A557FD8

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL